FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ただいま…

2014年09月01日
バリ島から戻ってきました~!!

と、ご報告したい所が大変な事が起こりました…。

出発当日、早朝から家族でマラソン大会に出場し、その足で成田空港へ向かうというとんでもない予定でしたw.

まずはエバー航空で成田から台北へ。台北で1泊してからバリ島へ。

チェックインを済ませ、軽食をとり、ボーディングまであと10分。うっきうきでゲートに向かっていたとき、放送で夫の名前が呼ばれる。

みんなで「何で~」と爆笑し「何かスーツケースに変なもん入れたかな~?」とか言っていましたが、笑い話では済まない大変な事態でした。

「娘さんのパスポート残存期限が6か月ないのでインドネシアには入国できません」

と…。ええ!!!

「旅行自体をキャンセルするか台北往復の旅行に変更するか、お客様のスーツケースを取り出さなくてはいけないので、あと2分で決断してください」

あと2分って!!!!

娘の残存期限が6か月ない事は知っていました。発行日も暗記している位ですから。知らなかったのは6か月残っていないと入国できないという事…。…調べもせず残存期間は3か月だと勝手に思い込んでました。ビザの事は何度も調べてたのに…。


「子供でもですか?」
「親が同伴で3/4人は期限があってもですか?」
「帰りのチケットがあってもですか?」
「アメリカとかならわかるけどインドネシアでもですか?」
「チップを渡してもですか?」
「交渉してもですか?」
「台北の日本領事館で再発行してもですか?」

あらゆる方法を考えしつこくGHさんに聞いてみましたが「できません」「無理です」「入国に関してアバウトな国もありますが、インドネシアは日本人であっても入国できません」「絶対にできません」との事。

私はいろんなケースが頭によぎり、今回は子供のパスポートだし「入国できるような気がする」って思っていたのですが、何の根拠もないのに一か八か搭乗して、ダメなら入国ができない。空いてる便を探して日本にとんぼ返り…これはない…。

もうインドネシアへ行くことはこの時点で諦めるしかなくなってしまいました。

あとの選択は

:台北往復の旅行にするか

:旅行をキャンセルするか

の2択。

私はこのまま帰るなんて悲しすぎる。スーツケースに入れた使われていない数々の品を片付ける自分の姿を想像しただけで泣きそうって思いながら夫に「決めて」と決断を委ねましたら…

「じゃあキャンセルします」

と。えぇ~~~~。この時点で子供たちは大号泣。私もえぇ!!「えええ!」と叫んだら「じゃあ初めから行こうって言えばいいのに~」と言われてしまいました。確かに。

「じゃあ台北に変更します」

と言ったものの、ここからも大変なんです。ユナイテッドの特典マイルでチケットを取っているけれども、搭乗するのはエバー航空。

・エバー航空の台北→バリ島をキャンセル
・タイ航空のバリ島→バンコクをキャンセル
・タイ航空のバンコク→成田をキャンセル
・エバー航空、台北→成田を予約

これを全てしなければいけません。「台北についたら手続きしてください」と言われましたが、私は

「今日は土曜日で日本の電話でもつながらない。明日も日曜日で連絡ができない。多分、台北のUAのカウンターでも取り扱ってくれないはずなので、今、手続きをしてから搭乗したい」

とお願いしました。そしたらUAのカウンターに電話をつないでくれて、すべての便をキャンセル、変更、予約、をしてくださいました。

こちらの要望に即答え、迅速に行動してくださったエバー航空のGHさんには感謝です。でももしチェックインの時点で気づいてくれれば3時間もあり、たったの2択ではなく、あらゆる方法が検討できたのに…と残念でもあります。もし考える時間が3時間あれば当日空いてる便を必死で探して乗せてもらっていたと思います。

その辺はやはりエバー航空側のミスだったようで何度も何度も謝罪されました。でもそもそも私達に非があるので、攻める立場にはありません。このまま気づかず入国できなかった事を思うと、台北往復できただけでも有難いです。

あと私達だけでUAに電話交渉したら恐らく予約は取れていなかったと思います。マイルの枠は限られている上に4席ですから。

エバー航空が持っている特典マイルの枠を広げ、開放してくれたのかUAが開放してくれたのかわかりませんが、でもどちらもきっと全力を尽くしてくれたのだと思います。短時間で判断し、私達の要望に応えてくれた両航空会社には本当に感謝です。

と、言うことで行先を大幅に変更し「台北旅行」になってしまいました。いやね、台北好きですよ、大好きですよ。

でもね、やっぱりバリ島に行きかったんです。気持ちの切り替えに2日くらいかかりましたね・悲。

ところで残存期限っていったい何???何のために必要なんでしょう。悔しくて納得できなくて調べましたが、誰も理由は分かっておらず結局「どうして6か月残っていなきゃいけないのか」は分からないままでした。

不法入国する人はパスポートが5年残っていようがすると思うし、3か月しか残ってなくてもしない人はしない。6か月残すんであれば何のための「パスポートの期限」なのでしょう?

子供の場合4年半で更新という事になりますよね。5年パスポートなのに。この制度まったく意味不明です。

ツアーならこんなミスは絶対にありませんのでご安心を。個人旅行の方、気を付けましょう…。
調べたら何人も同じ過ちをしている方がいました。皆様本当に本当に気を付けてください。

「現地ビザの取得」と「パスポート残存期限」


スポンサーサイト
台北3回目…9歳&7歳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。