FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ケアンズ:ドーム内のZOOM

2014年06月01日
ファミリーが休みの日「ZOOM」に行かないか?と誘われました。ZOOMはドームのあるカジノの中にあります。

彼女たちは年間パスを持っていて無料なんですが、私たちは定価なので高い~~~。「高いしな~」と言うと「10%OFFのチケットがあるから行こうよ~」と言われたので折角誘ってくれたので行きました。

大人 –入場のみ – $22
子供(4-14yrs) –入場のみ – $11
子供 アクティビティ3つ-$65

4つアクティビティがある内、身長制限(140CM以上)があるで125CMのお姉ちゃんは3つしか出来ませんでした。116CMの弟は1つも出来ませんでした(120CM以上)。厳しくチェックされます。

会計するときダディがスタッフに「私たちの日本人の家族も一緒に入るよ」と。感激~。私こういう一言に弱い…笑。

動物園の中にあるこ~んなアスレチックです。
2014AUS 249_r-1

2014AUS 248_r-1

2014AUS 246_r-1

2014AUS 250_r-1


弟は身長が足りず、一人チャレンジすることが出来なかったのでその場で泣いたんですよね…。不憫に思ったスタッフさんが鳥の餌をくれました。で一人寂しくエサを…。
2014AUS 244_r-1

もう一枚
2014AUS 253_r-1

写真ありませんが、クロコダイルの上をターザンのようにシャ~です。娘はめっちゃ楽しかった~と言ってたので、行って良かったかな?
帰りはダディにお任せしダディの車に子供達を乗せ、一人シティへショッピング♪この時間も良かった~。ダディありがとう~。

ファミリーと出かけたのはこれが最初で最後ですが、行って良かった♪

あとは…食事中などは家族全員が揃う唯一の時間なのでたくさん話もしましたよ。

一番衝撃的だったのはオーストラリアの首都のキャンベラでは美術館や博物館、子供の遊び場所の施設などが全部無料なんだそう!「その分税金とか高いの?」って聞いたら「一緒一緒!」と。

バレエとタップダンスを本格的に習っているRが「私のダンスの友達が月謝が無料に近いから家族で引っ越ししたんだよ~!」と大興奮で教えてくれました。住むならキャンベラがいいね。

親子ホームステイ最終日、朝6時に夫が到着!頼りになる夫よ、待ってましたよ~。これで私の役割は終了。これからは何も考えずに、夫の後をついて行けばいいだけ!

空港で「○○さん」と言うカードを待っている旅行エージェントさんの横で「DAD」を言うカードを掲げ歓迎し笑ってもらおうと思って、娘と前晩作りました。

早起きして空港までレンタカーで迎えに行きましたが、なんと夫は既に到着してたって言うね…。「え~!」ですよ。誰にも笑ってもらえず、空港で感動の再会も果たせず…。作ったカードが台無し~。ここに写真を載せておきましょ。

あれ?写真が横なのがなぜか直せない…。
2014AUS 349_r-1

夫もとりあえずステイ先の家に。

去年も夫はステイ先のファミリーと会ってるので、それなりの歓迎を受ける。しかしね…、ダディもマミィも夫とだとものすんご~~~~い早さでしゃべりまくるんです。あぁこれが標準スピードだったんですか~。

英語力で言うと…夫が「100」だとしたら私は「5」くらいでしょうか…ははは。なのでゆっくり言葉も選んで話してくれてたんだな~と感じました。やさしいですね。「お、やっと話せる日本人キタ」みたいな感じかね?

夫が偶然私と同じ質問をしたんですよね。「去年1年間でどれくらいのファミリーが親子ホームステイに来たの?」って。3-4回のやりとりは私と時と同じ答えでしたが、どんどん政治的な話に広がって行ってるし~。英語力があるとこんな所に話が行き着くのね、へ~。

そんなこんなで、8日間のホームステイはあっと言う間で子供達にとって本当に充実した濃い8日間でした。

どの家族も親子ホームステイというスタイルが合うかと言えば、正直そうじゃないと思うので親子ホームステイが絶対にお勧め!って訳ではないのですが…

異文化体験や外国の生活を知ること、外国人と生活すること、日本との違いを身を持って知ること、英語じゃないと絶対に通じない環境に入る事。

日本では体験できない事がたくさんできたので、我が家は行って良かったと思うし機会があればまた同じステイ先に行きたいと本気で考えています。

ただ、来年はお姉ちゃんがもう5年生で旅行自体を減らそうと思っているので、1週間遊び呆ける事は出来ないのかな~。

嬉しかったのは、最終日。

さようならの時、去年は「また大学生くらいになったらケアンズに留学しに来れば?その時には寄ってね」位の軽い感じだったのですが、今年は「また来年、会おうね!」「FBでずっと繋がっていようね」でした。ハグいっぱいしてもらって記念撮影お互いしまくって、感動のお別れでした。

リピーターで来たと言う事で、ステイ先もかなり喜んでくれて去年と扱いが明らかに違いました。なんと表現すればいいのか分かりませんが、去年はビジネスとして受け入れた「お客さん」、今年は「友人」って感じでしょうか?

リピートするってことは「気に入っている」と言う事で、悪い気はしないはずですよね!

※ファミリーは一切日本語が出来ません。ただの一言も。もしお子様の英語の為に行かれるなら、絶対にこの状況が良いと思います。例えママさんの英語に自信がなかったとしても!自慢じゃないですが私の英語力は低いです!あるのは度胸のみ・笑。

超親日家ファミリーは嬉しいですが、日本語を話したがったりする可能性があるので注意です。パースで一緒に住んでたシェアメイトがそうでした。日本語を勉強したいオージー、英語を勉強したい日本人の私。そいで割り切ってexchengeで教え合ったりもしてました。

もしも迷っているならGOです!必ず「勇気を出して行って良かった」って思えるはずです!

親子ホームステイの記事はこれで終わりです♪ありがとうございました♪

スポンサーサイト
ケアンズ&ゴールドコースト4回目…9歳3か月&6歳9か月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。