06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親子ホームステイ その1

2014年03月20日
春休みはケアンズ&ゴールドコーストです。

時期も去年と全く同じで、ケアンズでは雨期がちょうど終わる頃で気候もとても良いです。

今回は親子ホームステイ(去年と同じ家庭)の詳細も書こうと思っています。



ステイ先を紹介してもらったエージェント

ケアンズ在住の夫の友人が留学エージェントをしているので、その友人に手配してもらうことにしました。信頼できる友人なので良いステイ先を紹介していただけるだろうと思っていましたので、心配はありませんでした。


我が家が希望した家庭

希望を言い出したらキリがないんですよね。シティまで近い方が良い、バス停まで近い方が良い、評判が良いのが良い、プールがある方がいい…。

私がこだわったのはただ一つ。子供達と同世代の家庭が良い

我が家は9歳・女の子&6歳・男の子 ですが、希望通り! ステイ先は 12歳・女の子&11歳・男の子
でした。我が子達の従姉弟と全く同じです。従姉弟が大好きで、さほど遊びも違わない事は分かっていたので、この家族構成は本当にうれしかったです。


※エージェントの友人が一番お勧めする家庭と言うのがありました。姉妹がいるご家庭でお父さんが高校教師だと言う事で強くそのご家庭を勧められましたが、日程が合わず行けませんでした。「このご家庭はリッチでホームステイがkeenじゃないので」って返事をもらいました。と言う事は「他のご家庭はリッチではなく受け入れがkeen」だと言う事ですね。

「受け入れる事でお金を稼ぐ」と言う事です。親日家でもなければ、話し相手が欲しい訳でも、子供の遊び相手が欲しい訳でもなく「ビジネス」です

ホームステイ代金

友人割引などははありませんでしたので、7泊8日で860ドル(約86000円)です。(こちら側の子供の年齢で値段が違うエージェントもあります)今年も全く同じ価格でした。エージェントにより異なると思いますが、私が通したエージェントは全て7泊毎なので10日間滞在だとしても14泊分のお支払です。


場所:ケアンズ

人数:3名 大人1人・子供2人(9歳&6歳)

日数:7泊8日 (朝、夕食つき・土日は昼食つき)

空港送迎:行きのみあり

サポート:24時間と書いてありました


ステイ先

・両親(共働き)
・お姉ちゃん 12歳
・弟 11歳

行ってから分かった事ですが、ホームステイは300人以上受け入れてきたようです。ビックリ!どんだけ慣れてるねん。こちらの家庭は完全に「ビジネス」です。

私たちに何かを求めている訳ではありません。日本文化を知りたいとか、日本が好きだとか、掃除をしてくれる、子守りを頼んじゃえ。こんな気持ちではなく「ビジネス」です。

ステイ先の家

クイーンズランダー式(高床式住宅です)のお宅でした。家を改装?増築?したのか、クイーンズランダーなのに1階部分があり、その1階部分が私たち親子の部屋でした。同じ1階部分に専用のトイレ、バス、洗面所がありましたが、古く清潔ではありません。バスタブから出たらすぐさまビーサンを履かないとって感じです・笑。

でもこの専用がたまらん嬉しいです。我が家は超早寝早起きだし、リズムを崩したくない!「シャワー今使っていいですか?」なんて毎回毎回聞きたくないし、トイレもゆっくりしたい。自由にシャワーを浴びれて、自由にトイレも行ける。

子供達に毎日夜中にトイレに起こされましたが、バストイレ&洗面所は一度外に出て隣の部屋にあるので、外に出ると必ず巨大蛙に遭遇し、トイレの中には必ず何かの生き物に出会ってしまうと言う…。巨大ゴキだったり、巨大蛾だったり、ゲッコーだったり…。

たとえ汚くても、色んな物に遭遇しても「専用」と言うのは大変有難かったです。ただ、こういう経験をされていない方はかなり抵抗があるかもしれません。

私たちの部屋だけ1階にあり、ファミリーは2階なのでお休みなさいをしたら、ガチャリと鍵をかけられます。ワーホリや留学で来ていたら夜中に帰宅すると思うのでね、もう中には入れませんが、お互い気を使わなくて良いですね。


お土産


海外にホームステイ…と言えば持っていくお土産に悩む所でしょうか。家庭にも寄ると思いますが、受け入れ先の家庭はは大抵既に何人も受け入れているので「日本のもの」には飽き飽きだろうと想像し

クッキーの詰め合わせ。
子供達にはお菓子と文房具(日本の文房具は素晴らしい!)、100均一で買ったおもちゃなどです


最初「親日家」のご家庭を勧められて決定していたのですが、そのご家庭はお嬢さんが日本の大学に留学している、と情報がありました。そんな家庭なら日本のものは大変喜ばれると思いますが、そうでない場合、既に今までの日本人が何でも持って行ってるだろうな~と思い、日本人がもらっても嬉しいと思えるお菓子にしました。


行って笑ったのが、日本人が持ってきたであろう風鈴が10個くらいあちこちに釣ってあり、また様々な湯呑も山ほど・笑。その湯呑に毎回、日本人が置いていった味噌汁を入れてくれました。

お土産を過剰に考えるのは日本人だけですから、あんまり豪華になりすぎず「普通」でいいのでは?と思います。向こうも日本人のお土産には期待しちゃってる部分もあるかもしれませんが。

今回も去年と全く同じクッキー(マミーがめっちゃ美味しい!ってバクバク食べてたので)とお菓子、などです。



部屋の中

10畳くらい。そこに机、ベッド2台、ファン2台、冷蔵庫、電気ポット(初日に使おうと思ったら壊れていたので伝えたら、その日に新しいのをダディが買ってきてくれました)、タオル、バスタオル

がありました。タオルは自由に使っていいよ~との事だったので、使わせてもらってました。ですので今年は持って行きません。


その2に続く…
スポンサーサイト
ケアンズ&ゴールドコースト4回目…9歳3か月&6歳9か月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。